ストレスからうつを感じて来た人は早めの対策が必要で心療内科などの病院へ足を向けるべきです

精神疾患の可能性がある

ハートを持つ人

症状や病気の種類に応じた治療を行っている

朝目覚めると、通勤や通学、家事などをしなければならないので、朝憂鬱な気分になることがあります。健康な人の場合は、数日は気分の落ち込みや無気力などの状態になっても、自然に回復することがほとんどです。精神的なストレスを強く感じていたり、ホルモンバランスの乱れなどが原因で、うつ病や心身症、不安神経症などの病気に罹ることもあります。朝憂鬱な気分が2週間以上続いていたり、胃の痛みや頭痛、動悸や息切れなどの体の不調が見られる時は、精神科や心療内科を受診する必要があります。地元で評判の高い病院やクリニックを選ぶと、話しやすい雰囲気の医療スタッフが在籍をしています。カウンセリングなどの心理療法を受けたり、内服薬の処方をしてくれます。非定型うつは、若い年代に増加していますが、一般的なうつ病とは違った症状が見られます。休日は普通に活動が出来ますが、通勤や通学をする前は、朝憂鬱な気分になって、身支度に時間が掛かったり、ミスが増えたり、成績が下がることもあります。

朝憂鬱な気分が長く続いており、遅刻や欠勤が増える時は要注意です。仕事や学業に支障が出ている場合は、うつ病に罹っている可能性があります。精神科や心療内科を受診することで、病気の診断が付くことが多いです。非定型うつと一般的なうつ病では、多少は治療法も違ってきます。一般的なうつ病は、症状が重い時は、一時的に休学や休職をさせた方が良いケースもあります。非定型うつの場合は朝憂鬱な気分になっても、通勤や通学をさせたほうが良いこともあります。精神科や心療内科のクリニックでは、一人一人の症状に応じた内服薬を処方してくれるので、しばらくは続けることが大事です。症状が改善してきても、医師の許可なく薬を減らすのは避けることが大事です。非定型うつは、周囲の人には誤解されやすい病気ですが、本人は辛い症状で苦しんでいます。精神科や心療内科のクリニックでは、うつチェックを行ったり、認知行動療法などの治療を行うこともあります。適切な治療を受けることで、回復を速めることも可能です。

Copyright© 2019 ストレスからうつを感じて来た人は早めの対策が必要で心療内科などの病院へ足を向けるべきです All Rights Reserved.